劣化部分を蘇らせる

靴修理のソール交換におけるオールソール交換とはどういう修理のことを示すのでしょうか。オールソール交換とは、靴底全体を交換する靴修理のことです。くっついているヒールや本底を剥がして、ウェルト交換が必要であれば、交換し、新しい本底とヒールを付けるということになります。靴底が削れている状態では、オールソール交換だけではなく、ハーフソール補強という選択をすることもあります。

ソールハーフソール補強という方法は、靴底の前半分にゴムなどでできた補強剤を貼り付ける修理のことです。オールソフト交換とどちらの方法を選択するかの判断は極めて、難しいといえます。靴底の前方がコバまで削れているときは、ハーフソール補強を行うことは不可能です。オールソール交換をし、ウェルトを新しくすることが必要となります。

オールソース交換の魅力は、インソールなど足に馴染んで履きやすくなった部分はそのままにし、劣化部分を新品のように蘇らせることができることです。こうすることにより、気に入っている靴を長く履けるようになり、新品の靴には存在しない履きやすさを体感することが可能となります。靴修理であるオールソール交換で大切な靴をより長く、いつまでも、履いてみたいものです。